BLOG

ブログ

「あなたの人生、このままでいいの?」

私が人生を真剣に考え始めたきっかけは姉の死でした。

姉は大腸ガンになり、
告知からわずか2年であっけなく逝ってしまったのです。

まだ54歳なのに……

不思議なことが起き始めたのは
姉の死から2週間ほど経った頃だったでしょうか。

私はおそうじが苦手だったのですが、
まるでおそうじ好きな姉が乗り移ったかのように、
毎朝熱心におそうじするようになりました。

その頃、姉は夢にもたびたび登場しました。

「ねえ、えみぃ、あなたの人生このままでいいの?」

そんな問いかけが繰り返され、私は大混乱。

「このままでいいとは思わない……」
「でも、どうしたらいいのか……」
変化することの恐れが大きすぎて動けない自分がいました。

自分から目をそむけて、決して向き合わないように
なんとか毎日をやり過ごしていたのです。

それは、突然命を奪われた姉からしたら、
ものすごくもったいない命の使い方に見えたことでしょう。

なんとかしなければ!

そんな時、友人がハワイリトリートを企画し、
おいでよと誘ってくれたのです。

リトリートとは、直訳すると「退却」という意味で、
ヨガなどで自分と向き合う旅をそのように呼ぶのですが、
私は姉を失った悲しみが少しでも癒されたらいいなと、
ハワイに行くことを決めたのです。

まさかハワイ島で姉と再会することになるとは
夢にも思いませんでした。

でも、不思議アイランドハワイ島は、
とっておきのギフトをリトリートの後半に用意していました。

その日、私たちは「クリスタルクリア風水」の
初級講座を受けるためにプルメリアの香る美しい庭に座っていました。

 

まずは先生のハルモニウムに合わせて、短い歌を繰り返し歌います。

喜びから生まれ、喜びを生きる。
そして聖なる喜びの中で再生する。

繰り返し歌うことは瞑想のような効果があるのか、
いつか私は地球の一部であることを強く自覚していました。

講座の間もその感覚は続き、クリスタルたちの声が聞こえ、
驚きました。たくさんあるクリスタルの一つが語りかけてきます。

「さみしいの。連れて行って」

思わず手にとって、値段を確認することもなく、
カードを取り出して・・・
その子とはそれ以後、ずっーと一緒にいます。

講座のクライマックスは、みんなが書いた願いを、
先生がツボの中で燃やして天に届けるという儀式。

私は紙にハワイ島にまた来れますように、
とか、家族が仲良く健康で暮らせますように、など、
ごく普通のことを書いたのですが、
ふと思いついて、姉とまた会えますように、と書き加えました。

厳かな雰囲気の儀式が終わると、
自然に仲間とハグがしたくなり、ハグハグ大会が始まりました。

その時!

ハグした仲間の体の感じが突然変化したのです。

そして!

「やっと会えたね」

と語りかけてきたのは、間違いなく、亡くなった姉でした。

ハワイ島という、天との距離が近い場所で、
瞑想などで自然とつながっていれば願いは叶う。

その気づきは私を「おそうじ風水」へと駆り立てました。

自分の家をパワースポットにしたい。

自分の人生をあきらめていた私の、
どこにこんなパワーが眠っていたのか。

不思議なほど大きなパワーが体内で動き始めたのです。

それは姉からのギフトだったと今では確信しています。

ありがとう!

===おそうじ風水にご興味がある方へ===

この無料メルマガ、オススメです。

おそうじ風水のヒミツが、
「え!ここまで書く??」
というほどバッチリ書いてあります。

■詳細と登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/120822/152772

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。